筑波大学ラグビー部
新入生紹介① 〜関東編①(茨城)〜2015年6月 1日

こんにちは、筑波大学ラグビー部広報委員会です。


今年度、筑波大学ラグビー部にはプレイヤー17名、学生スタッフ1名、マネージャー1名が入部し、選手77名、総勢89名のクラブとなりました。


今年度も昨年度に引き続き、本サイトにて、新入生を地域別に紹介していきたいと思います。



第一回目は地元茨城県から入学してきた4名の新入生を紹介します。



syugo.jpg

















写真左より
  1. 杢屋 渓造(もくや けいぞう)
    理工学群 社会学類/茗渓学園/LO
  2. 角田 健太(つのだ けんた)
    理工学群 数学類/茗渓学園/PRLO
  3. 和田 峻輝(わだ としき)
    理工学群 応用理工学類/清真学園/FLNO.8
  4. 赤津 遼(あかつ りょう)
    理工学群 社会工学類/つくば秀英/学生スタッフ


なんと全員が理工学群に入学しました。

現在筑波大学ラグビー部には全プレイヤーの中に22名の他学群の部員が在籍しています。

筑波大学の体育専門学群以外の生徒は授業時間の関係で、練習に遅れる日もありますが、全員がレギュラーを目指して努力しています。


さて、新入生を紹介していきましょう。

はじめに筑波大学ラグビー部の一大勢力、茗渓学園からきた二人を紹介します。

まずは杢屋渓造。


mokuya.jpg











杢屋は、FWながら豊富な運動量が魅力のLOです。

どんなところにも顔を出し、着々と仕事をします。

「謙虚な姿勢が自分を磨く」という言葉を胸に、驕ることなく、冷静に自分を見つめ、欠点に向き合いながら自分を高めていける選手です。

今後の成長に期待しましょう。

そんな杢屋ですが、意外な一面があることが発覚しました。

なんと、鉄道オタクらしいのです。

いわゆる「鉄ちゃん」です。

好きな鉄道は京浜急行で、将来の夢はもちろん車掌になることとか。

普段の寡黙そうな見た目とは裏腹に、鉄道の話を出すとすごく楽しそうに語り出します。

鉄道好きな人はぜひ声をかけてみてください。



次は"つのけん"こと角田健太。


tsunoken.jpg











このマスコットキャラのような見た目が印象的なつのけんですが、

機動力があり、走れるPRです。

今は怪我をして、リハビリに励んでいますが、

復帰した際には、筑波のフロントローとして爆発してもらいたいと思います。

また、つのけんにも意外な趣味がありました。

ラジオを聴くことが好きとのことです。

新聞を読むなら、テレビ欄よりもラジオ欄。

好きな音楽よりもラジオを聴く。

部屋にいるときは常にラジオを流しているそうです。




茗渓学園は現在6名の部員が筑波大学ラグビー部に在籍しています。


meikei_1.JPG











左から、奥脇響(2年)、つのけん、鈴木啓太(2年)、杢屋、緒方涼平(2年)。

この日4年の角直亮は授業のため撮影に間に合いませんでした。

しかし、そのせいもあってか、真ん中にいる鈴木啓太が心なしか少々偉そうに見えます。

これが茗渓メンバーの実態なのかと思いましたが、この啓太が偉そうに見える写真のアイディアを出したのは響と緒方なんです。

去年の今頃はまだ啓太に敬語で接していた二人ですが、

今や高校時代の先輩をイジるほどまでに成長しました。

仲がいい証拠ですね。

これからも茗渓メンバーに期待してください。


続いてこの二人。


wadakatsu.jpg











和田峻輝(左)と赤津遼(右)です。


では和田から紹介していきましょう。


wada.jpg











和田は何にでも対応できる、器用なFLNO8です。

清真学園ではキャプテンを任されていました。

和田は釜石セブンズにも出場し、優勝に大きく貢献しています。

また先日山梨で行われた山梨学院大学との春季大会に一年生ながら出場し、勝利に貢献しました。

この時期に一年生がAチームで試合に出ることができるというのは、

本人に取ってすごく貴重な経験になります。

この経験を生かして今後のレギュラー争いに加わっていって欲しいと思います。

和田自身も「勉強とラグビーの両立を目指して頑張っていきたい」と意気込んでいるので、多くの先輩が成し遂げたように、和田も文武両道、文武合一を胸に頑張っていくことに期待したいと思います。



最後に学生スタッフとしてチームに入部した赤津を紹介します。












赤津はもともとつくば秀英高校でSOとしてチームを動かしていました。

どうしてもやりたい学問があり、筑波大学に入学しましたが、

どんな形でも筑波大学ラグビー部に関わりたいということで、

チームスタッフとして、ビデオ撮影や試合の分析をしてくれています。

さて、気になっている人もいるとは思いますが、

先ほど紹介した赤津がどうしてもやりたいこと...。

それは、"ビッグデータアナリティクス"です!!

...??

となっている方も多いと思います。

ビッグデータアナリティクスとは、簡単に説明すると企業や組織の膨大な量の情報(ビッグデータ)を分析、解析して、より良い意思決定につなげるための学問です。

まさに今の時代に必要不可欠な学問と言えます。

このような難しい学問ですが、赤津は両立してやり遂げてくれると期待しています。




今回は地元茨城県で育った4名の新入生を紹介しました。

次回は東京出身の3名の選手を紹介したいと思います。



さて、今週末の6月7日(日)は筑波大学G

関東大学春季大会B、慶應義塾大学戦が13時から予定されています。


応援よろしくお願いいたします。



新入生紹介 に関する新着記事10件