筑波大学ラグビー部
新入生紹介【九州編その2】2014年8月 1日

暑さの厳しい本格的な夏になってきました。

さて、新入生紹介も今回で最終回となります。

今回は【九州編その2】です。


3人.png





















左から

占部  航典(うらべ こうすけ)

体育専門学群/東福岡高校/FL

本多  毅大(ほんだ たけひろ)

体育専門学群/長崎県立長崎北高校/CTB

古田  泰丈(ふるた やすたけ) 

人文・文化学群日本語・日本文化学類/福岡県立筑紫高校/SH


それでは紹介していきましょう。まずは占部航典です


写真 1-3.JPG





















全国でも名立たる強豪、東福岡高校出身の占部。実は広島県出身で、中学校では、陸上部に入っていました。その陸上部時代では、「走り高跳び 県大会優勝」という輝かしい実績ももっています。

プレーの特徴はなんといってもタックルです。おっとりした感じの見た目からは想像のできない激しいタックルをします。弾丸のように突き刺さり、相手を仰向けに倒す占部のタックルは圧巻です。

占部の出る試合では、是非彼のタックルに注目してみてください!


東福岡.png






















さて占部の出身校の東福岡ですが、現在筑波大学ラグビー部に6人の部員が在籍しています。上から村川浩喜 (体育4年)、水上彰太(体育4年)、木村貴大(体育3年)、河村崚太(体育2年)、崔凌也(体育2年)、占部です。皆が密着していて仲が良さそうですね!

出身校別でも茗渓学園、福岡高校、筑紫丘高校と並びトップの人数です。

本人たちから聞いた話では、4年の村川と水上はとても後輩思いで、1週間に1度後輩を焼肉屋に連れて行き、後輩の誕生日には腕時計をプレゼントするそうです・・・筆者は信じられないのですが、本当ですかね?(笑)

今後も東福岡軍団の活躍にご期待ください!


続いて本多毅大です。


写真 1.JPG
























本多のポジションはCTBです。プレーの特徴は安定したディフェンスで、チームの守りを支えます。

2年間の浪人時代を経て、筑波大学ラグビー部に入部してきた本多は、とても落ち着いた雰囲気があります。落ち着いた雰囲気がありますが、1年生の間では"2浪キャラ"でいじられ、場を和まし好転させるムードメーカーでもあります。


写真 1-2.JPG














本多は長崎北高校出身ですが、こば日記でも紹介されたイケメン、写真左の山下一(体育4年)が高校からの先輩です。

山下から聞いた本多に関する話に、とても信じがたいエピソードがありました。

なんと、本多は高校時代先輩に詰め寄って胸ぐらをつかんだことがあるそうです!落ち着いたように見えますが、怒ると先輩にもたてつくのですね・・・いえ、実際は怒っていたのではなく、その先輩に「お前はヤンキーの物まねができるか」といわれたのでその先輩の胸ぐらをつかみ「できますよ!」とヤンキーの物まねを実践しただけのようです。長崎北高校ラグビー部は先輩後輩が共に仲が良くフレンドリーな関係で、今もそのような関係が本多と山下の関係にも見られます。

筑波大学ラグビー部でも、先輩後輩はとても仲がよく、よい雰囲気でラグビーに取り組んでいます。これを読んでくださっている受験生の皆さんも、筑波大学に入学して私たちと共に日本一を目指してみませんか?

 

最後は古田泰丈です。


写真 2-3.JPG
























古田は、所属する学類の日本語・日本文化学類、通称日日(にちにち)で、学類名通り日本語と日本文化や外国人等に対する日本語教育について学んでいます。

出身高校は福岡県立筑紫高校です。本人曰く、その高校時代の癖がなかなか抜けないようで、集合の時などに一際大きな声で「はいっ!!!」と返事をしたくなるようです。しかしそのような瞬間を見たことがある人は部内でほとんどいませんが・・・

実は古田のご両親はどちらも筑波大学のラグビー部出身です。古田のお父さんは筑波大学ラグビー部Bチーム出身で、お母さんは筑波大学医学ラグビー部のマネージャーでした。

筑波大学ラグビー部Bチームとは、現在の大学ラグビーで頂点を目指すラグビー部(当時はAチームと呼称)に対し、クラブラグビーで頂点を目指し活動したチームです。大学医歯薬リーグに所属する医学チームと合わせて筑波大学ラグビー部(茗溪ラガー)が構成されており、新入生歓迎会や卒業生送別会(納会)は、一つのクラブとして一緒に行っています。ちなみに、現在は部員数の減少等から、Bチームは存在していません。


写真 2-5.JPG














古田は小柄な方ですが、体作りをとても意識していて、同じ学生宿舎の棟に住む、写真の比較的体の大きな1年生(左から瀬尾優大(体育1年)、古田、鈴木隆文(体育1年)、中村大志(体育1年))と週に1回一緒に自炊をし、彼らに負けず劣らず食べるそうです。写真ではその様子を再現してもらいました。

SHの古田のプレーの特徴は、スタミナを生かした、ボール裁き・バッキングディフェンスです。体を大きくしていって、さらに磨きのかかったSHになっていってほしいものです!

 

これで今年度の新入生紹介を終了します。

現在部としては夏の強化練習期間であり、秋のシーズンに向けて皆鍛錬しています。この強化練を乗り切ることで、紹介してきた1年生だけでなく、部全体としてレベルアップをしていくことでしょう。

筑波大学ラグビー部は日本一を目指して日々昇進して参ります。

今後とも皆様のご声援のほどよろしくお願い致します。


新入生紹介 に関する新着記事10件