筑波大学ラグビー部
関東大学対抗戦 早稲田大学戦 試合観戦記2013年10月 7日
心配されていた台風もまるで嘘だったかのような晴天のもと、2013年関東対抗戦A筑波大学対早稲田大学の試合が行われた。
試合開始後から両チームの一進一退の攻防が続いた。
スコアが動いたのは開始6分。この試合が対抗戦初出場となった1年生山沢⑩がPGを冷静に決めた。その後、自陣深くまで早稲田大学に攻め込まれたが、山本④や福岡⑪、高橋⑮が献身的なディフェンスでピンチを防いだ。早稲田大学の出足の速いディフェンスやセットプレーでのプレッシャーに苦しみ、早稲田大学ボールのオフェンスが続き、それまで我慢していたディフェンスも綻び始め前半終了間際の37分、40分にトライを許し前半を3-10で折り返した。
後半は自陣で継続され苦しい時間が続くも得点は許さず、一瞬の隙をついてキャプテン内田⑨が敵陣深くまで走り、得たペナルティからの速攻で最後は福岡⑪がトライを決めた。山沢⑩はここでも冷静さをみせ10-10の同点とした。
自陣で継続を試みるもミスでボールを明け渡し早稲田大学の大きな展開攻撃で勝ち越し点をとられ再び追いかける展開となった。
この後、筑波大学が敵陣深くまで攻め込むもなかなか得点出来ない状態が続くが、後半37分内田⑨がポイントサイドを持ち出しポール根元にトライを決めて同点に戻した。両者共に次の得点を決め決勝点が欲しく、ミスが許されない緊迫した状況であったが、終了間際ロスタイム筑波大学の痛恨のペナルティ。これを決められ17-20でノーサイドとなった。
この試合は、前回の慶応義塾大学戦の反省を修正して臨み改善された点も多かったが、自分たちのミスと早稲田大学の激しいプレッシャーの前に、あと一歩のところで勝利をものにすることが出来なかった。目標である日本一のため、今週末の明治大学戦にフォーカスを当てて今シーズン初勝利をつかみ、筑波大学のラグビーを発揮したい。

文責:岸拓実 窪田寛