筑波大学ラグビー部
全国大学選手権 慶応大学戦 試合観戦記2013年1月11日
 負けられない試合の続く大学選手権2試合目、慶応大学のブラインドサイドへのキックオフで始まった。


keiou2nd1.JPG 序盤ペースを握り敵陣でアタックをするもミスで点をとりきれない
ペナルティを与えると、中盤のラインアウトから一気にブレイクされ、キックパスで先制トライをとられる。しかし、その後キックオフからプレッシャーをかけ7番粕谷のチャージ、そのままトライ。
 すぐさま敵陣に攻め込みペナルティゴールを決め、逆転に成功する。
蹴り合いの隙を突かれ、ディフェンスのペナルティをしてしまい、ゴール前のラインアウトのサインプレーでゴールラインを割られ逆転を許す。
 今度は筑波大学14番彦坂匡克の豪快なカウンターからボールを繋ぎ一気にトライ。またも逆転。
慶應大学の猛タックルを受けながらも連続攻撃を繰り返し、一瞬のほころびからブレイクし最後は5番鶴谷のトライ。
 慶應大学アタックのミスからターンオーバーし、9番内田が裏へ転がしバウンドしたボールをキャプテン内田が拾いトライ。徐々に点差を広げ、前半を終える。

 キックチェイスや攻守の切り替わりなどでの動き出しが悪く、ピンチを招くシーンが多く見られた。
 課題を後半で修正し、安定したゲーム運びに期待したい。


 前半からあまり良い流れ乗る事が出来ずに筑波大学は前半を31-14と折り返す
前半慶応大学にサインプレーとキックパスから2トライを許しDF面での課題が浮き彫りとなる
keiou2nd2.JPG 後半8分、慶応大学陣内22m付近からのマイボールラインアウトでモールを押し込み2番彦坂がそのまま持ち込んでトライ。後半先制点をものにした。
その後もトライを量産し55-28で筑波が勝利した。
 慶応大学は後半ATが冴え渡りDFラインを崩され25分と40分にトライを奪われた。
DF面では後半も課題が残る内容であった



文責:諸岡 泰祐、佐藤 祐