筑波大学ラグビー部
関東大学ジュニア選手権 明治大学戦 試合観戦記2012年10月29日
 10月28日、ジュニア選手権大会4回戦vs明治大学が明治大学グラウンドで行われた。 


 降り続いていた雨も止み、未だ全敗のジュニアにとって、そして筑波大学としても負けることの出来ない戦いが筑波大学ボールKOで始まった。




 
kan.jpg
 試合序盤から積極的にアタックをした筑波大学は、SH吉沢とFB本村の突破からペナルティを誘う。SO樺島のPG成功で3−0とし、先制点を奪うことに成功する。さらに前半14分には相手ペナルティから得たラインアウトのモールでHO村川が抜け出しゴール前まで来た所をFL木村が押し込みトライ。ゴール成功で10--0とする。
 互いに激しいタックルとブレイクダウンの攻防の中、29分に筑波大学のペナルティにから自陣ゴール付近まで攻められそのままトライを奪われ10−7となる。しかし35分、筑波大学の中盤からの果敢な連続攻撃から相手陣まで進み、最後はCTB松下がトライ。ゴールも成功し17−7とする。だが前半ロスタイムに明治大学のスクラムの激しい圧力からペナルティをとられてしまい、PGを決められ17−10となり、ここで前半終了。筑波大学のリードで前半を折り返すことができた。




 
kn.jpg
 後半、明治大学のKOをキャッチし、WTB髙橋のロングキックによる陣地の挽回やSH吉沢が裏へ抜け出し、冷静な判断で相手の裏へキックするといった好プレーが続き、自陣に入られるもののピンチを脱していた。そして、敵陣でプレーを続け、後半4分相手のペナルティからPGを狙い、これをSO樺島が冷静に決め、20−10とする。 この後、相手の猛攻により自陣での戦いを強いられるが、要所でブレイクダウンにプレッシャーをかけ、ターンオーバーしピンチを脱した。 しかし、後半14分には、自陣でペナルティを犯してしまい、キックによりゴール前に入られ、トライを許してしまい、20−17となった。 ここから、両者譲らない激しい攻防が続く。
 その後再びゴール前に入られるが、ここもターンオーバー。さらにそのボールをBKに展開しWTB髙橋がビックゲインをする。しかし、自分達のミスから得点には至らなかった。 
 互いに得点を奪えないまま時間だけが過ぎていく。点差は3点。いつ逆転されてもおかしくない状況。緊張感がグラウンドを包む。 筑波大学のミスから自陣に入られ、明治大学の激しい攻撃に、ペナルティを重ねてしまい、何度も前進を許してしまう。 試合時間は残り僅か、両者気力を振り絞っての最後の攻防。明治大学の連続攻撃に対し、懸命なタックルにより相手のミスを誘う。ここでノーサイドの笛が鳴り試合終了。厳しい時間帯を守り抜いた筑波大学は、20−17でジュニア1部初勝利を掴んだ。 




 先週行われた明治大学戦の敗北からでた反省をチーム全員で共有し、1週間練習をしてきた。その結果の勝利であろう。またJr.選手権の初勝利や、接戦を制して勝利したことは選手たちの大きな成長につなっがていくと思う。Jr.は1週間空いて早稲田大学との対戦が待っている。今回出た反省を活かし、早稲田大学との試合でも勝利を掴めるように準備していきたいと思う。



文責:鈴木啓太、藤田幸一郎