筑波大学男子バスケットボール部
筑波大学男子バスケットボール部
2011年 日筑定期戦 Bインタビュー 永山 悠
2011年4月26日

2011年5月1日(日)に開催される日筑定期戦に先立って選手にインタビューを行いました。

Bチームは永山 悠選手です。

<インタビュー>
□最後の日筑にかける想いをお願いします。
僕の日筑にかける想いは、他の部員とちょっと違うかもしれません。というのも、選手としての立場と学連という大会を運営する立場、双方からの想いがあるからです。しかも、震災の影響で大会の開催が危ぶまれたことも重なり、今回の日筑への想いはより一層強くなりました。試合に勝つことはもちろんですが、大会が開催されることの意味を噛み締めながら、運営にも尽力したいと思います。

□運営も行っているということですが、どのような大会を目指していますか??
正直、日筑が開催されたからといって、被災地の復興や被災者の支援にそこまでの影響力があるとは思っていません。収益の一部を義援金とすることは決定していますが、それには限界があります。そうではなく、まずはこの大会に出場する選手がこのような日本の現状を踏まえプレイすること、それによってなんらかの前に進むためのエネルギーが産まれる、そういうことを期待し、そのきっかけになる大会になれば良いと思います。

□大会の見所をお願いします。
日筑を今季の試金石として見て、両大学の今季の結果予想してみるなんてことがスタンダードだと思います。マニアックな方にはぜひ日頃表に出にくいジュニアバーシティーに注目してもらいたいです。

□Bチームはどのようなチームに仕上がっていますか??
まだ伸びしろばかりですが、ハマったら強い、そんな気がします。ただ、4年生の個性が強すぎて下級生がやりにくそうなのが不安要素です。うまく説明できないので、会場で実際にご覧下さい。

 

□永山選手から見て注目してほしい選手は誰ですか??
満留くんです。彼を一言で表すと玄人。これに尽きます。

□最後にファンに一言お願いします。
まず、日筑開催にご尽力していただいたOB OGの方々に感謝申し上げます。大会当日は会場にぜひお越し頂き、選手達の勇姿をご覧下さい。また、ファンの皆様の応援は、選手にとっても、運営側にとっても、かけがえのないエネルギーになることと思います。応援よろしくお願いします。当日は募金箱の設置等を予定しているので、そちらの方にもご協力よろしくお願いします。最後になりますが、日筑に関してホームページとTwitterで情報配信しているので、よろしくお願いします。
HP:http://nittsuku-basketball-festival.com/
Twitter:@NITTSUKU

トピックス に関する新着記事10件
携帯サイトはこちらになります
お問い合わせは こちら(tsukuba_mbbc@yahoo.co.jp)までご連絡ください