筑波大学男子バスケットボール部
筑波大学男子バスケットボール部
2011年度Aチーム主将インタビュー
2011年2月17日
DSCF0118.JPG

<写真>右 Aチーム主将 田渡

 

今回は新チーム発足にあたり、A、B両チームの主将にインタビューをしました。Aチーム主将としてチームを牽引している#34田渡修人(新4年・Aチーム主将)のインタビューをどうぞ。

Q1.今シーズンの抱負をお聞かせ下さい。
 今年の抱負は、トーナメント、リーグ戦、インカレで3冠を達成することです。

  それに向けて去年はトーナメントは良い状態で戦えたのですが、それ以降チームとしてのまとまりが足りない気がしました。なので、今年は最上級生の新4年生を中心に、皆で練習中から声をだし3冠に向けてチームをつくっていきたいです。


Q2.チームの雰囲気はどうですか?
 今年のチームも去年同様、横にも縦にも仲が良いです。

 個人個人の我が強くチームとしてまとまるかという点は不安でした。しかし、いざ練習が始まると新シーズンに向けて皆がやってやろうという気持ちを持ち、声を出してくれています。今は走る練習がメインで辛いですが、皆で励まし合う事が出来ていて、良い雰囲気で練習しています。


Q3.咋シーズンを振り返ってみていかがですか?
 昨シーズンは、自分も含め、怪我人が多く常にチームとして万全の状態では戦えていませんでした。今年はそこの部分をケア等してしっかりしていきたいと思います。

 また、去年のチームは個人個人の調子によって試合内容が左右されていて、連勝が出来ないというのが続きました。なので、今年は気持ちの部分を常に全面に出して全力でプレーし、連勝はもちろん、1つでも多く勝てる様に頑張ります。


Q4.チームとして今後どのように成長していきたいですか?
 新4年生を中心に日々の練習から高めあい、先程言った通り、気持ちを前面に出して戦うチームにしていきたいです。

 皆がライバルであり、チームの仲間だと思っているので、お互いに高め合い、チーム一丸となって戦えるチームに成長していきたいです。

Q5.今シーズン期待している選手は誰ですか?
 もちろんチーム全員です!

 その中でも特に、新3年生の梅津(#50)、砂川(#47)、星野(#76)にはすごく期待しています。この3人とは約2年間一緒にプレーしてきて実力はあると確信しています。なので、去年のスタメンだった加藤さんと本井さんの抜けた穴を埋めるのはこの3人だと思っています。


Q6.キャプテンになってみての意気込みを聞かせてください。
 今年のチームは個人の我が強いので、その長所を消さずにチームとしてまとめることを意識しています。

 普段は僕もチームもマイペースですが、今年は絶対に優勝したいので練習中は厳しく、今年のテーマでもある「徹底力」を実践したいです。

Q7.休日はどんなことをして気分転換・リフレッシュしていますか?
 体育館にトレーニングしに行くこともあれば、音楽を聴くことが好きなのでそれで気分転換したりもします。

 僕は地元が東京なので、東京まで行って地元の友達と遊んだりもしています。あ、あと勉強もたまにしています(笑)

Q8.最後に、ファンのみなさんに一言お願いします。
 ここまで読んでいただきありがとうございました。今年の筑波大学は観客が見てて楽しい思えるバスケットを目指します。なおかつ、勝つバスケットを目指します!今年は僕もチームも「勝ちたい!」という思いが本当に強いです。優勝を狙えるメンバーだと思っていますし、個人的にも今年はガンガンいくので是非、応援宜しくお願いします。


トピックス に関する新着記事10件
携帯サイトはこちらになります
お問い合わせは こちら(tsukuba_mbbc@yahoo.co.jp)までご連絡ください