筑波大学体操部 筑波大学体操部
第23回 全日本ラート競技選手権大会2017年12月20日 

129日と10日につくばカピオにて第23回全日本ラート競技選手権大会が開催されました。今回体操部からは10人が選手として出場しました。そして競技後に行われたデモンストレーションでもラート作品を発表させていただきました。

また、今大会は来年5月にスイスで開催される世界ラート競技選手権の代表選考も兼ねており、体操部からは森本修多、松浦佑希、冨名腰真子が日本代表に選出されました。そして卒業生からも高橋靖彦さん、福原一郎さん、小山信博さん、堀口文さん、吉行暢子さんが日本代表に選出され、本谷聡先生も国際審判員として参加してくださいます。

以下は、競技結果と作品担当者からのコメントです。

 

<競技結果>

【男子総合】

13位 森本修多(1)

21位 相原奨之(2)

 

【女子総合】

2位 松浦佑希(1)

3位 冨名腰真子(3)

5位 瓜兼汐里(3)

12位 山田光穂(2)

 

【男子直転】

1位 森本修多(1)

 

【女子直転】

3位 松浦佑希(1)

4位 瓜兼汐里(3)

7位 冨名腰真子(3)

 

【男子斜転】

15位 相原奨之(2)

 

【女子斜転】

1位 松浦佑希(1)

3位 冨名腰真子(3)

5位 瓜兼汐里(3)

12位 山田光穂(2)

 

【女子跳躍】

1位 松浦佑希(1)

4位 瓜兼汐里(3)

5位 冨名腰真子(3)

9位 山田光穂(2)

全日本競技.jpg

 

<担当者のコメント>

今回、全日本ラート競技選手権大会デモ演技の部でラート作品の作品担当をさせていただきました。発表した作品はインカレでも発表したひまわり。2回目の発表となりましたが、既存の作品だからこそより技を揃えて魅せたり技以外の動きを追求したり、人数も増えたりとバージョンアップした作品に仕上げることができたと思います。寒い中での発表でしたが、穏やかで雄大な曲にあわせてひまわりを咲かせることができたと思います。

また、今回初めてラート作品の担当をさせていただき、既存の作品ではあったものの、ラートならではの作品を仕上げる難しさを感じました。今後、ラート作品を担当することがあれば、今回の経験を活かしていきたいと思います。

(2年 山田光穂)

ラート関連 に関する新着記事10件