筑波大学体操部 筑波大学体操部
2016 ジャパンチャレンジ2016年7月 5日 
去る6月18日(日)に代々木第二体育館で2016ジャパン・チャレンジ&一般発表フェスティバルが行われました。私たち体操部は今回のジャパンチャレンジでフィジオロールを使った作品を発表してきました。本番ではミスがありながらも、嬉しい評価を多くの先生方からいただき、良い発表になったのではないかと思います。以下は作品担当者のコメントです。

今回、フィジオロールの作品を担当させていただきました。
この発表は、昨年度同手具を用いた作品を観てくださった方に評価していただき、来年度開催されるWorld Gym for Life Challenge 2017でやってみないかというお誘いを受けたうえでの、それに備えるための発表でもありました。
作品に用いたフィジオロールというものは、Gボールを2つくっつけたような、ひょうたんのような形をしています。この手具から様々な動きを発想できるのは、私たちが日頃よりGボールという手具に慣れ親しみ、発想を大事にした活動に取り組んでいるからです。
作品自体はフィジオロールの形状から誘発される弾けるような跳ね方に着目し、演技者自身も弾むように動くことを目指した元気な作品となっています。
そのため演技者の作品に対するフレッシュさ保ちつつ、しっかりと演技ができるように練習に取り組んでまいりました。
そのかいあってか周囲の方々からも大変評価して頂けた発表でした。
今後とも有意義な活動をし、次の活動につなげていきたいと思います。

(院1年 佐々木大地)

ジャパンチャレンジ.jpg

活動報告 に関する新着記事10件