筑波大学体操部 筑波大学体操部
世界体操祭(GYMNAESTRADA)報告書52015年10月15日 
世界体操祭についての体操部主将総括です。


世界体操祭を終えて"今"感じること

主将 3 年 杉浦舞

 

 10日間にわたるヘルシンキでの世界体操祭を終え、まずはほっとしたというのが正直な気持ちでした。3回のグループパフォーマンス、日本の夕べ、Midnight Sun Specialという多くの発表機会をいただきました。回を重ねるごとに世界体操祭ならではの雰囲気を味わうことができ、また私たちらしい演技を世界に発信することができたと思います。演技を終えた直後の観客の方々からの歓声や大きな拍手にはぐっと胸にこみ上げるものがありました。

 4年に1度行われる世界体操祭に主将として、また、Gボールの作品担当者として携わらせていただきました。今回の私たちのグループパフォーマンスのテーマは「JOINT」でした。演技の中でのマットやGボールのモノのJOINTだけではなく、私たち部員をはじめ、先生方、卒業生の方々、観客の皆さんとの「JOINT」を目指しました。約1年前から本格的な作品づくりが始まり、時には悩み、つまずきながらも、積極的に部員同士で意見を交わし、一人一人が作品としてより良くしていくにはどうしたら良いかということを真摯に考えながら試行錯誤を繰り返し、作品づくりを進めてきました。なかなか全員そろって練習ができない中、士気を高めていかなくてはならない葛藤や時には意見のぶつかり合いが生じるなど様々な苦難がありましたが、最後には一体感が生まれ、みながJOINTし、今できる私たちなりの最高の形で無事に発表を終えることができたと思います。

 これまでの日々の積み重ねに加え、世界体操祭で直に感じた学びや世界各国の体操家から得た刺激を今後の活動にも繋げていきたいと思います。

 世界体操祭への参加にあたり日本体操協会など関係者の皆様、また、「体操部を応援する会」の皆様の心温まるご支援により、こうして無事終えることができました。誠に感謝申し上げます。ありがとうございました。

世界体操祭 に関する新着記事10件