筑波大学体操部 筑波大学体操部
国際講習会2014(ドイツ)に参加2014年8月10日 
7月27日から8月4日までドイツ(Flensburg)で開催された国際講習会に下記のメンバーが参加しました。講習会では、講習内容はもとより、海外からの参加者との出会いや演技発表、様々なイベントを通じて充実した経験をすることが出来ました。今回得られた経験を今後の活動に生かしていきたいと考えております。

参加メンバー
堀口 文(Flensburg在住)
鈴木 理沙
佐々木 大地
立原 美彩
杉浦 舞
大塚 優希

DSCN0455.JPG
DSC03751.JPG

今回ラートキャンプに参加させていただきました。言葉の壁を感じてしまった旅ではありましたが、同時にスポーツはその壁をなくし、ただの同じ人間として喜びや感動、興奮を共有させてくれる素晴らしいものであることを感じました。このキャンプでの何よりもの収穫は現地で出来た素晴らしい友たちです。今回企画・運営してくださった方々、紹介してくれた先生、面倒を見てくれた先輩や現地の人々、快く見送ってくれた部活の仲間、そして一緒に参加したみんなに改めて感謝します。ありがとうございました!(佐々木大地 学群3年)

今回のキャンプは私にとって部活関係で初めての海外経験でした。ラートの練習は多くの偉大なコーチ陣の指導のおかげで大変充実したものになりました。練習以外ではフレンスブルクの街並みを観光したり海へ散歩したりと、この街の素敵さを味わうことができました。すべての瞬間がとても良い思い出になりました。関わってくださった多くのみなさんに感謝いたします。(大塚優希 学群2年)

今回初めて部活動のツールを通して海外へ行ってまいりました。言葉の壁の不安や海外での練習や生活に不安を抱えて出発しました。しかしながら、"ラート"というひとつの共通項がその不安をかき消してくれました。スポーツの繋がりが世界を繋げ、人と人とを繋ぐすばらしいものだと身を持って実感することができました。素晴らしいコーチ陣に指導を被るとともに、同年代の選手たちと切磋琢磨し、練習を行うことができ非常に貴重な経験となりました。このキャンプに参加するにあたり関わってくださった皆様に感謝申し上げます。(杉浦舞 学群2年)

今回ドイツでラートを通じてさまざまな国の人と交流する機会を得ることができ、本当にいい経験ができました。最初は言葉もわからず、ラートを通じてどのように交流すればいいのかもわかりませんでしたが、先輩やコーチ陣の丁寧な指導のおかげで充実した練習を送ることができました。また、ShowではJAPANチームが一位をとることができ、とてもいい思い出になりました。このキャンプの手配をしてくださった先生、運営・企画に携わった方々すべての人々に感謝申し上げます。ありがとうございました。(立原美彩 学群3年)

今回参加させていただいたラートキャンプは、ラート講習会(直転・斜転・跳躍・シルホイール)だけでなく、キネシオテーピング講習会や体力トレーニング、各国が演技発表を行うショー、その他様々なアクティビティがプログラムとして盛り込まれた非常に充実した内容のキャンプでした。十数か国から集まった多くの参加者とラートを通じて交流することができ、ラートの素晴らしさを感じる貴重な経
験となりました。関係者の皆様に感謝申し上げます。(鈴木理沙 学群3年)
ラート関連 に関する新着記事10件