筑波大学硬式野球部
筑波大学硬式野球部の歴史
nihonichi.jpg "茗渓ベースボール"と呼ばれる由来  
筑波大学の創設は遠く1872年(明治5)、旧昌平黌の跡地に開校した師範学校に求められる。 その後、東京師範学校から高等師範学校、更には東京高等師範学校へと改称され、1929年(昭和4)に東京文理科大学も開学した。 そして敗戦後の学制改革によって東京教育大学へと生まれ変わり、また筑波研究学園都市の新構想大学として1973年(昭和48)、発展的な解消を遂げた筑波大学が誕生している。 したがって筑波大学の前身は、師範学校(小学校の教師を養成する)や旧制中学校などの教員養成を主たる使命とした、我が国教育界の中枢的な存在にあって、1世紀を超える歴史と伝統を背負ってきたといえよう。  

 茗渓と称する語源の由来は、1903年(明治36)に東京高等師範学校は小石川区大塚窪町の新築校舎(旧東京教育大学の校地)に移転したが、その周辺の美しい渓流は「茗荷谷」(みょうがだに)と呼ばれていた。 そこで以後、東京高等師範学校や東京文理科大学をはじめ、東京教育大学や筑波大学の卒業生たちも一様に"茗渓会"と命名された同窓会に所属してきた。 1896年(明治29)に高等師範学校ベースボール部として発足した我が野球部は、過去に校名変更をしばしば繰り返してきたが、我らの同窓会にならって"茗渓ベースボール"と呼び方を統一して、部活動の歴史を継承している。  この茗渓の野球が日本球界から注目されるようになったのは、筑波大学硬式野球部となってからであろう。その最大の快挙は、1987年(昭和62)秋に首都リーグで初優勝した後、続く第18回明治神宮大会では東北福祉大学や東洋大学を撃破し、決勝戦の法政大学でも延長10回に4対3と劇的なサヨナラ勝ちを収めて、史上初の国立大学による"全国制覇"の偉業を達成できたことである。
 
 そして2005年(平成17)夏には『21世紀の後輩たちへ ―筑波大学硬式野球部創部百十周年記念誌― 』(B5判・458頁:筑波大学硬式野球部OB会発行、非売品)を刊行して、これまでの部活動の実績を一冊に纏め上げている。 [写真は"全国制覇"した瞬間 左端手前は鈴木捕手(法大)、神宮球場にて]

>>硬式野球部について
>>硬式野球部の活動について
>>硬式野球部寮について
筑波大学硬式野球部寮 〒305-0005 茨城県つくば市天久保4-3-6 青桐寮
Tel:090(6043)5143
Fax:029(858)9140
Eメール:tsukuba_baseball@yahoo.co.jp
Twitter:@TsukubaBaseball