筑波大学硬式野球部
4年生引退コメント2013年11月 2日
秋季リーグ戦終了に伴いまして、4年生が引退致しました。
引退に際しまして、4年生からのコメントをご紹介致します。

荒川 裕馬(外野手・東海大浦安高)

私にとって筑波大学硬式野球部で過ごしてきた4年間は今までの人生において、またこれからの人生においても素晴らしく誇りとなる4年間でありました。 お世話になった関係者の方々、保護者の皆様、またこのホームページを通じて応援してくださった方々にこの場をお借りして感謝申し上げます。 
4年間を通じ、あと一歩のところで歓喜を逃してきました。正直悔しい気持ちしか残っていません。調子が良いときも、悪いときも変わらず声援を送って下さった方々には感謝の気持ちと申し訳ない気持ちでいっぱいです。もちろん優勝という結果で恩返ししたかったのですが、思い描いた結果にすることはできませんでした。
今後の人生において、結果は単なる想い出となり、野球部で経験した過程が糧となってくると思います。これから社会人として生活していく上でなかなか経験できないこともたくさんあったように思います。社会に出ていく中で、間違いなくこの4年間の経験を活かす場面が多くあると思います。出身を聞かれ、筑波大学とだけ答えるのではなく、"筑波大学硬式野球部"です。と胸を張っていきたいと思います。
4年間このチームで野球ができて幸せでした。ありがとうございました。今後とも筑波大学硬式野球部をよろしくお願い致します。

石井 克幸(投手・鵡川高)

今まで応援してくださったみなさん、本当にありがとうございました。
振り返ってみると、辛い思い出がたくさんでてきますが、最高のチームメイトに恵まれたおかげで、良い野球人生が送れたと思っています。自分は下のチームに居ることが多かったので、AはもちろんB・Cのチームの人達には、最後まであきらめず頑張ってほしいと思っています。最後に両親、関わってきたみなさん、本当にありがとうございました。 

伊奈 宏樹(外野手・刈谷高)

こんにちは。4年生の伊奈です。この度、4年の秋リーグが終了し、引退することとなりました。
この4年間は本当につらい事が多かったですが、チームメイトや家族、先生方、これまで野球を通じて関わってきた全ての人々に支えられてここまで来ることができました。本当にありがとうございました。
今後は社会人となりますが、ここでの経験を生かして立派な人間になりたいと思います。

岩間 圭祐(野手トレーナー・刈谷高)

大学野球生活を振り返ってみると、多くの方々の支えによって4年間続けることができました。特に2年秋からはトレーナーとして活動させていただき、多くの方々にお世話になりました。本当にありがとうございました。そして応援し続けてくれた両親には感謝の気持ちでいっぱいです。ありがとう。 
4年生は次のステージに進むわけですが、筑波大学硬式野球部で培った精神力と「挑戦」する気持ちを忘れずに日本全国で活躍したいと思います。
 「日本一」という目標は、後輩たちが達成してくれると信じています。引き続き筑波大学硬式野球部を応援してください。よろしくお願い致します。

岡田 宏祐(Bチームヘッドコーチ・長岡高)

先輩方の引退をこれまで見てきましたが、自分達が引退を迎えるということが不思議な感覚でなりません。
これまでの人生の節目においても感じてきたのですが、本当に濃く、長い時間を過ごしてきたものの、終わってみると、やはり短く感じてしまいます。後悔はたくさんあります。できることならやり直したいです。が、そんなこともかなわないので、後輩へせめてものアドバイスを残したいと思います。
どんな結果であっても必ず悔いは残ると思います。しかし、たとえそれが現実でも、だからこそ最後に笑って終わるようにしてください。悔いはあっても、それも笑いとばせるように今いる仲間と、最高の日々を過ごしてほしいと思います。そういった点から見れば、私の4年間は最高のものだったと言える自信があります。 
そして両親へ。ごめんなさい。でも、ありがとう。いつまでも岡田家のエースではいようと思います。長生きしてね。 Bチームをはじめとした後輩のみなさん。力不足ですみません。今後の活躍を応援しています。お世話になった全ての方々へ、4年間ありがとうございました。

片岡 翔(内野手・戸畑高・副将)

4年間、筑波大学硬式野球部として活動できてよかったです。 
自分達は優勝できませんでしたが、後輩たちの活躍を応援しています。

金附 佑樹(外野手・桐蔭高)

四年間応援ありがとうございました。周りの方々の温かい応援や支えのお陰で毎日野球に取り組むことができました。
このチームで優勝できなかったことは本当に悔しいですが、この仲間と四年間野球ができたことを本当に幸せに感じます。 やっぱり野球は勝たないと楽しくないので、ぜひとも後輩たちには優勝してほしいと思います。
これからも変わらぬご支援宜しくお願い致します。 本当にありがとうございました。 

河野 孝太郎(外野手・水戸桜ノ牧高)

この4年間、本当に多くの人に支えられて野球をしてきました。 誰よりも応援してくれた両親、野球だけでなく人として大事なものは何かを指導してくださり、下手くそで生意気な自分を最後まで信じてくれた川村先生、奈良先生。良いことも悪いこともたくさん教えてくれた先輩方。自分たちについてきてくれた後輩。そして辛いことも楽しいことも苦しいことも、悔しいことも常に共有してきた4年生の仲間。いつも応援してくれた父兄の方々。多くの人のおかげで野球をすることができました。 
入学してから、優勝することができずに、自分たちこそはという気持ちで戦ってきましたが勝てずにこのような形で引退するのは本当に情けなく、悔しいです。
自分たちは引退しますが、筑波大学硬式野球部は「勝つべき集団」であると自分は思っています。後輩たちが次こそはリーグ優勝、そして「全国制覇」を成し遂げてくれると思います。これからも変わらぬ心強い応援を宜しくお願いします。 

川本 真也(捕手・清峰高・主将)

4年間応援ありがとうございました。 これまで野球を続けさせ、応援してくれた両親、支えて下さった多くの人に感謝の気持ちで一杯です。
全国制覇という目標は達成することができませんでしたが、それに向かって努力するなかで、最高の仲間ができました。 日本一という目標は次のステージで必ず成し遂げたいと思います。 
これからも筑波大学硬式野球部をよろしくお願いします。 

久保 洋介(SSD・明和高)

筑波大学硬式野球部で素晴らしい仲間と共に野球ができたことを本当に幸せに感じています。
2年冬からはSSDとして活動しましたが、最初は自分達の出す情報を基にチームが戦うことに責任と不安を感じました。しかし、仲間が自分達を信じてプレーしてくれたことや、プレー以外の部分でチームの勝利に貢献できる喜びを知ることができ、今では本当にやってよかったと思っています。
このようなことを学ぶことができたのも、多くの方々に支えていただいて野球を続けてくることができたからだと思います。厚く感謝申し上げます。本当にありがとうございました。 

甲津 賢人(内野手・彦根東高)

四年間お世話になった川村先生、奈良先生をはじめとする指導者の方々、そして先輩、同級生、後輩のチームメイトのみなさん、本当にありがとうございました。 
四年間、歓喜の瞬間をつかみ取ることはできませんでしたが、この四年間は間違いなく自分の財産であり、人生のターニングポイントとなったと確信しています。これからも日々成長を重ね、筑波大学硬式野球部卒の一員として、社会に貢献していきたいと思います。
これからも、更なる筑波大学硬式野球部の活躍を願っています。本当にありがとうございました。 

小﨑 恵生(SSD・金光学園高)

野球を通して得られるものは、自分で探せばとてもたくさんあると思います。 
なので苦しいこと辛いことの方が多いと思いますが、くじけずがんばってください。応援しています。
 

佐藤 純(投手コーチ・弘前高)

はじめに、このホームページを見て下さる方をはじめとして、たくさんの方々の期待にそう結果を残すことができず、申し訳ありませんでした。自分の力不足が原因だったと思います。ただ、自分を含め4年生全員が「全国制覇」に向けて、ひとつになって戦ってきた自信はあります。これからは、それぞれが異なる道を進むことになりますが、大学で学んだ思いを活かして頑張っていきたいと思います。
そして後輩達には、結果では示すことができませんでしたが、自分達の行動、姿勢で何か示すことができたのではないかと思います。
最後に、これからも皆様には筑波大学硬式野球部の応援をしていただきたいと思っています。4年間ありがとうございました。 

杉山 承(ヘッドコーチ・静岡東高)

こんにちは。杉山承です。 
正直4年間の記憶は、最後の1年間の記憶が濃すぎて、イマイチ思い出せません。スタッフミーティングでは、本当に辞めてクラブチームで野球をしようかと思いましたが、今では続けて本当によかったと思います。ヘッドコーチという立場でやらせていただきましたが、周りのスタッフに支えられて助けられてやってこれたと思います。
私はこれで野球人生に終止符を打ちますが、後輩は悔いの残らないよう、今を一生懸命に取り組んで欲しいと思います。それぞれ進む道は違いますが、私は私の道をしっかりと歩んでいきたいと思います。4年間本当にありがとうございました。 

竹ノ内 彩(マネージャー・千種高)

まず始めに4年間応援してくださった皆様、本当にありがとうございました。 
この4年間を振り返るとたくさんの思い出がありますが、私を大きく成長させてくれた本当に充実した毎日でした。その中でも、最後の1年間は"全国制覇"を本気で目指してきました。結果は残せませんでしたが、最高のチームだったと胸を張って言えます。 そして、私がこの4年間活動し続けることができたのは、多くの方々の支えがあったからです。今思うと、私が支えなければいけない立場なのに、支えられてばかりの4年間だったな、と思います。 
このチームが最高のチームだったことを結果という形で示すことができなかったのが、本当に悔しいです。でも、私たちの夢は後輩たちがきっと叶えてくれると信じています。筑波大学硬式野球部で最高の仲間たちと過ごした4年間は私の宝物です。泣いたり笑ったり、幸せな4年間でした。 
これからも変わらぬ筑波大学硬式野球部へのご声援、宜しくお願い致します。 

谷口 蒼輔(投手・長田高)

厳しい環境で苦しいことも多くありましたが、充実した毎日を過ごし、大学入学前の自分とは人間的にも大きく成長できたと思います。
チームメイトをはじめ、大学野球で関わった全ての人に感謝したいです。本当にありがとうございました。 

野口 貴大(野手トレーナー・小倉高)

家族、自分を応援してくれた皆さん、本当に感謝しています。ありがとうございました。 
これから恩返ししていきたいと思います。 

服部 有輝(野手コーチ・新城東高)

1年間、浪人しましたが、この大学この野球部に入って本当によかったです。
最高の仲間と、最高の4年間を過ごせて本当によかったです。 

原 直人(連盟マネージャー・出雲高)

15年間続けてきた野球も、ついに終わってしまいました。 
筑波大学硬式野球部では、マネージャーとしてチームに関わることができ、非常に貴重な経験をさせていただきました。 この経験を今後の人生に活かしていきます。 
15年間、野球を通してお世話になった方は数えきれません。本当にありがとうございました!
 

藤田 敬之(外野手・藤枝明誠高)

この4年間を振り返ると、幸せだったなと思います。 苦しい思いや辛かったことがほとんどでしたが、このような環境で野球ができて、良き指導者・仲間・先輩・後輩に恵まれたなと改めて思います。
苦楽を共にしたたくさんの仲間ができたことが私の財産です。 全国制覇という目標を達成できず、悔いが残る結果となりましたが、4年間とっても楽しかったです!!
 最後に、両親をはじめ支えてくれたすべての人に感謝し、次のステージで恩返しをしていきたいと思います。 ありがとうございました。 

松浦 昌平(捕手・札幌第一高)

まず最初に、筑波大学を応援してくれた皆様、そして4年間野球に打ち込むことを支えてくれた周りの方々に感謝をしたいと思います。 
私たちの目標であった全国制覇は叶わないものとなりましたが、後輩達が必ず実現してくれると信じています。 これからも変わらないご声援を宜しくお願いします。
 

宮谷 陽介(投手・報徳学園高・副将)

こんにちは。宮谷陽介です。 4年間を思い返すと、苦しくて辛い思い出ばかりでしたが、今では笑い話です。 後輩には自分達が成し遂げられなかったリーグ優勝、全国制覇を目指して頑張ってほしいと思います。 
大学で果たせなかったことを社会人野球で叶えられるよう、これからも頑張ります。 

山田 和也(投手・諏訪清陵高)

四年間、暖かいご声援ありがとうございました。 今シーズンで大学野球を引退することになりました。川村先生はじめ、お世話になりました多くの方に感謝申し上げます。そして大学まで野球を何不自由なくやらせてくれた両親にも感謝しています。
最後まで、リーグ優勝、全国制覇は叶いませんでしたが、是非とも後輩たちには、優勝を勝ち取ってほしいと思います。私たちもこの悔しさを忘れることなく、次のステージへと進んでいきたいと思います。
四年間ご支援いただき、本当にありがとうございました。今後とも筑波大学硬式野球部へのご支援のほど、宜しくお願い致します。 

油布 克洋(主務・大分舞鶴高)

全国制覇の夢はなし得ませんでしたがこの野球部で活動できたこと、マネージャーとしてチームの運営に携わったことはかけがえのない財産となりました。
果たして自分のやっていることはチームの勝利に繋がるのか不安になる時期もありましたが、マネージャーの仕事は野球部の今だけでなく未来を見据えているものも多いと感じます。 後輩達へ夢を託して、自分達もそれぞれの将来へ進んでゆきます。 
頼りない主務でブログの更新も滞ることが多くて大変申し訳ございません。 こんな自分にも温かく声をかけてくださる父母の方やOBの方、この野球部の関係者の方々には本当に感謝しています。 4年間お世話になりました。

最後までお読みいただきありがとうございました。
4年生の思いは新チームが引き継ぎ、活動を続けていきます。
これからも筑波大学硬式野球部を宜しくお願い申し上げます。
筑波大学硬式野球部寮 〒305-0005 茨城県つくば市天久保4-3-6 青桐寮
Tel:090(6043)5143
Fax:029(858)9140
Eメール:tsukuba_baseball@yahoo.co.jp
Twitter:@TsukubaBaseball