筑波大学硬式野球部
4年生引退コメント(1)2015年11月27日
秋季リーグ戦終了に伴いまして、4年生が引退致しました。
引退に際しまして、4年生からのコメントをご紹介致します。人数が多いため、2つに分けて紹介させていただくので、是非(2)の方も併せてご覧ください。

板﨑 直人(内野手・作新学院高・主将)

 4年間ご指導頂いた先生方、チームのみんな、そして応援してくださった皆様、本当にありがとうございました。
 大学4年間は自分にとってとても色濃いものとなりました。大学野球の厳しさ、勉強もやればできることを知った1年生。思い切り野球に打ち込み楽しんだ2年生。上級生となりチームを引っ張る責任を感じた3年生。主将としてチームを動かし勝つために悩み続けた4年生。
 1年1年が自分にとって成長するための糧になったと強く感じております。
 私は社会人になっても野球を続けます。この4年間の経験を活かし精進してまいります。
 最後になりますが、後輩のみんなには何が何でも勝つ為にアグレッシブでいて欲しいと願っています。  

井上 明信(連盟マネージャー・加古川東高)

 初めに、日頃より皆様から多くのご支援、ご声援を賜りましたこと、心より感謝申し上げます。
 中学生から本格的に野球を始め、最後はマネージャーとして野球に携わってきました。指導者の方々や先輩、同学年のみんな、後輩たちにもいろいろと迷惑をかけてしまったと思いますが、多くの経験から様々なことを学ばせて頂きました。
これまでずっと私を支えてくれた両親に、そして野球を通じて出会った全ての方々に感謝しております。
これからは一野球ファンとして筑波大野球部を応援していきたいと思います。皆様方におかれましても、今後とも筑波大学硬式野球部への変わらぬご声援、宜しくお願い申し上げます。
本当にお世話になりました。ありがとうございました! 

鵜澤 大樹(SSD・成東高)

 応援ありがとうございました。
 私の四年間は野球人生の中でも確実に最も濃い四年間でした。また、心の底からこのチームでもっと野球がしたいと思える四年間でした。この環境で野球をやることを後押ししてくれた家族と仲間達に感謝したいと思います。また、試合の度に父兄の方々には球場に足を運んで頂き、ありがとうございました。私自身はバックネット裏で選手とそれらを懸命に応援する人達を同時に見ることができて幸せでした。
 引き続き筑波大学硬式野球部への暖かいご支援、ご声援をよろしくお願い致します。

大関 久仁(SSD・土浦日大高)

 はじめに、今まで筑波大学硬式野球部を応援してくださった方々に、心より感謝申し上げます。引退して改めて、多くの方々に支えていただいていたことを実感しました。数多くのご支援、ご声援のおかげで、私たちは4年間野球部で活動することができました。どうもありがとうございました。また、今後ともよろしくお願い致します。
 今でも、グラウンドの横を通るたびに、後輩たちの元気な声が聞こえ、とても嬉しく、心強く感じます。これから長く、辛い冬の機関になりますが、ぜひ後輩たちには一回り大きくなって欲しいです。
 今後は、OBの名に恥じないように日々精進して参りたいと思います。

大西 翼(投手・川之江高)

 4年間の大学野球を終えて感じることは周りの人の支えがあって野球ができているということです。
 自分は14年間野球を続けてきましたが、ここまで続けることができたのは指導者の方々やチームメイト、応援してくれる人たち、そして家族の支えがあったからだと思います。特に大学に入ってからは周りの人の支えがあるから野球ができているというのを強く感じるようになりました。野球を通して自分に関わってくださった方々には本当に感謝しています。ありがとうございました。

大間 幹起(投手・札幌南高)

 4年間応援してくださった父母の方々、本当にありがとうございました。
 最後、3位で終わってしまって悔しいですが、振り返ればこの野球部では他では学べないことをたくさん学ぶことができました。これからの生活ではその経験を活かしていきたいと思います。
お世話になりました。

桶谷 尚輝(外野手・修猷館高)

 引退して数週間が経った今、心の中に残るのはやはり最終シーズンの悔しさと、そして感謝の気持ちです。
 あそこで打っとけば、守っておけば、アウトにならなければ...... 思い出す度に時を遡ることができればいいのにと常々思います。
 ただここまでの悔しさは高校までありませんでした。それも仲間と共に一つのゴールに向かって、必死で進んでいたからこそだと思います。
 3年秋までCチームだった自分がここまで這い上がってこられたのは、素晴らしい指導者や最高の仲間の支えがあったからこそです。
 そしてここまでレベルの高いリーグ、チームで野球ができたことは本当に幸せでした。
最後になりますが、筑波大学硬式野球部の応援をこれからもよろしくお願いします。
ありがとうございました。

菊池 一平(主務・松戸国際高)

 まず初めにこれまで応援して下さった皆様、4年間本当にありがとうございました。
 これまでリーグ優勝、そして日本一という目標を掲げてやってきて特に最後のリーグ戦は最終節まで優勝の可能性を残しながらも力及ばず悔しい結果となりました。
 勝負の世界は結果が全てとは言いますが、それでもこの4年間、仲間と過ごした日々に誇りを持ち、次なる人生を歩みたいと思います。
 来季に向けた新チームの活動はすでに始まっています。筑波大学硬式野球部の素晴らしき伝統は後輩たちが必ず引き継いでくれると思うので、今後も変わらぬご支援、ご声援の程よろしくお願い致します。 

木田 侑斗(野手コーチ・米子東高)

 今季のリーグ戦で横浜市長杯に出られず、引退となりました。まず初めに4年間指導して下さった先生方を始め、関わらせていただいた全ての方々に感謝の気持ちでいっぱいです。私はこの4年間でとても大きな経験ができました。
 とくに学生コーチとしての2年間は苦労が多かったですが、同学年のみんなの支えがあったからやり切ることができたと思います。2年時の選手からスタッフになるという決断が正しかったかどうかは、正直分かりません。ただ、こうして終わってみると達成感で満ちあふれ、後悔なく大学野球を終えることができたということは、とても幸せなことであり、この上ない経験、そして思い出になりました。
 そして何よりグラウンドで共に汗を流した「仲間」という財産ができたことを本当に嬉しく思います。
 今後は私自身が経験させていただいたこと、そしてそれ以上のことを子どもたちに経験してもらうことのできる、教員という職業に就き、精進させていただく所存です。
 最後にはなりますが、このような経験をさせていただけたのは、高校時代に指導していただいた井畑先生、そして14年間野球をさせてくれた両親の協力が不可欠であったと感じております。その他にもたくさんの方の支援や協力があり、今の私があるということを忘れず、日々を送っていこうと思っております。
 本当にありがとうございました。 

工藤 大輔(トレーナー・弘前高)

 初めに、この野球部で4年間続けられたのは周りの方々の支えがあってのものです。未熟な自分にたくさんのご指導を頂きました方々には心から感謝しております。
 2年秋からトレーナーに転身しましたが、選手をやっていた時よりも新しい学びが多く、本当に成長させていただきました。
 チームとして新しい試みも沢山しました。何とかラストシーズンは結果を出したかったのですが「あと一歩」のところで市長杯行きを逃しました。僕はその時見ているだけでしたので、本当に無念です。
 後輩は僕ら以上に結束を固めて結果を残してほしいです。後輩には心から期待しています。
 この野球部で学んだことを次は社会という大きなステージで発揮するために、より一層硬式野球部OBとしての自覚を持って行動していきたいと思います。
 本当に素晴らしい野球部に入りました。誠にありがとうございました。 

國井 恒太朗(内野手・水戸第一高)

 こんにちは。國井恒太朗です。私の場合、野球のユニフォームを着ているイメージではなく、父母会でマイクを握っているイメージの方が強いかもしれません。
 この4年間を振り返ってみて、こんなにもチームのために自分はどうするかを問い詰めて野球をやったのは初めての経験であったなとしみじみ感じます。もちろんそれは技術であったり、キャプテンシーであったり、いろいろあると思います。僕の場合はそれは声でした。ある後輩に「恒太朗さんが練習に入ると雰囲気が変わります!」って言われたことがありました。その時からですね、これを武器にしてやっていこうと思ったのは。
 
 自分が本気で何かをする
 それにつられて周りも本気になってくる。
 どうやって本気にさせるかではなくて、まずは自分が本気でやること。
 この大切さを学んだ気がします。
 
 これからは大学院の方に進んで、また野球と次は指導者として向き合っていきたいと思っています。この野球部で学んだ本気の姿勢でやりぬきたいと思っています。
 最後になりましたが、今まで支えてくれた家族をはじめ多くの方々に感謝申し上げます。ありがとうございました。
 そしてこの素晴らしい同期に心からのありがとうを。 

國井 伸二朗(内野手・常総学院高・副将)

多くの人に恵まれました!私立から国立とやってきて色々な野球を知ることができました!これは僕の最高の糧です。
ありがとうございました。
 

黒岩 大悟(内野手・鶴丸高)

 日本一を目標に始動したラストシーズン、最後の試合勝てずリーグ3位で終わったことはとても悔しく、また辛い結果でした。
 そんな辛い思いをしてもなお、この四年間がとてもいいものだったと思えるのは、同期をはじめたくさんの素晴らしい仲間に恵まれてやってこられたからだと思います。
 この仲間たちと過ごした四年間は自分にとってかけがえのないものです。そんな素晴らしい環境に身をおくことができたのも両親のサポートのおかげです。何度も挫折を味わった大学野球でしたが、その度に仲間や家族に支えられ、乗り越え、成長してこられたと思います。
 この経験をいかしてこの先も日々成長していこうと思います。 

小林 鷹大朗(ピッチャートレーナー・桜修館中等教育)

 4年間ありがとうございました!
 野球というスポーツに教えられ、励まされ、支えられてきた事に感謝してこれからも過ごしていきます。
 トレーナー活動を通してまだまだ分からないことがたくさんあるのでもっと勉強します。 

佐々木 駿(外野手・町田高)

 いままで、応援してくださった方々、本当にありがとうございました。そして、野球を通してさまざまなことを教えて頂いた指導者の方々ありがとうございました。
 野球から多くのことを学び、吸収することができました。
 これからはまた違うかたちで野球に関わっていきますが、野球に対する情熱を失わずに取り組んでいきたいと思います。
本当にありがとうございました。 

地頭所 眞人(投手コーチ・鶴丸高)

 4年間筑波大学硬式野球部で活動できたことがじぶんにとって大きな財産となりました。
 素晴らしい指導者、先輩、可愛い後輩、そしてなにより熱く本気でぶつかり合った同学年の仲間たちに出会えて本当に良かった。
 鹿児島に帰省する度に頑張れと声をかけてくれた小・中・高の仲間達ありがとう。そして全面的に自分のやりたいことをさせてくれた両親の温かい理解とサポートに本当に感謝しています。ありがとう。沢山の方の支えがあってこれまで野球を続けることができました。
 そのエネルギーを次は鹿児島に持ち帰って教員として次世代の子供たちにぶつけていきたいと思います。
『覚悟に勝る決断は無し』
野球部で培ったものを大切に、次のステージに進みたいです。本当に今までありがとうございました。 

鈴木 裕生(野手コーチ・盛岡第三高)

 お久しぶりです。鈴木です。引退してから約3週間ほど経ちました。
 毎日練習に明け暮れていたころと比べると嘘のように静かな毎日を過ごしています。
 4年間を振り返ってみると、自分自身大した結果も出せず、最後はあと1勝で関東を逃しと、悔しいことばかりでした。だけど、最後まで続けてよかったなと心から思います。自分にとってとても大きなものを得ることができたと思っています。後輩たちには結果も掴みとってほしいです。
 最後に、指導して下さった先生方、野球を思う存分やらせてくれた家族、応援してくれた沢山の方々に感謝の言葉を述べたいと思います。本当にありがとうございました。
 今後とも筑波大学硬式野球部の応援よろしくお願いします。 
 
筑波大学硬式野球部寮 〒305-0005 茨城県つくば市天久保4-3-6 青桐寮
Tel:090(6043)5143
Fax:029(858)9140
Eメール:tsukuba_baseball@yahoo.co.jp
Twitter:@TsukubaBaseball