筑波大学バドミントン部 筑波大学バドミントン部
2017年ランキングサーキット結果報告&選手のコメント2017年6月 8日
【2017年日本ランキングサーキット大会】


結果

・女子ダブルス

1回戦        ☆加藤/柏原 (体育3)2(21-15,21-12)0 池内選手/鈴木選手(日本体育大学)

2回戦        ☆加藤/柏原 (体育3)2(21-15,21-14)0毛利選手/野田選手(龍谷大学)

3回戦        ★加藤/柏原 (体育3)0(19-21,10-21)2松田選手/荒木選手(岐阜トリッキーパンダース)


・女子シングルス

1回戦        ☆香山(体育1)2(21-12,21-9)0水井選手(ふたば未来学園)

2回戦        ★香山(体育1)0(14-21,14-21)2大堀選手(トナミ運輸)


・混合ダブルス

1回戦        ★安田/下川(体育2/体育3)0(10-21,17-24)2 岡村選手/篠谷選手(日本UNISYS)

17位決定戦★安田/下川(体育2/体育3)1(21-17,17-21,18-21)2 後藤選手/山口選手(丸杉,岐阜トリッキーパンダース)


今回の大会の結果から6月9日付の日本ランキングで出場選手のランキングが下記のように変更されました。

加藤/柏原(体育3)      7位->7位

香山(体育1)              32位->24位

安田/下川(体育2/体育3) 圏外 ->39位



以下は選手からのコメントです。
 5月27日~5月31日にさいたま市記念総合体育館でランキングサーキットが行われました。筑波大学からは女子ダブルスに加藤/柏原(体育4)、女子シングルスには香山(体育1)、混合ダブルスには下川/安田(体育3/体育2)が出場しました。
 私自身、ランキングサーキットへの出場は初めてでした。今回は桃田選手の復帰戦ということもあり会場には多くのメディアが詰めかけていました。試合は初戦で日本ユニシスの選手に敗れ、実業団の選手と試合をする中で、サイドへの動きがまだまだ遅いことを痛感しました。練習で更にフットワークやトラベリング技術に磨きをかけたいです。
  これから試合のシーズンに入ります。課題を克服し、良い結果を残せるように頑張りたいです。
体育専門学群3年 下川大樹
18814298_2000359449989955_4268333514571075748_n.jpeg18950982_2000359423323291_8160149549323631019_n.jpeg18920672_2000359476656619_441617462494297133_n.jpeg18838912_2000359493323284_8348206615005648781_n.jpeg

筑波大学バドミントン部の公式HP お問い合わせはtsukubad298(at)gmail.com まで