筑波大学バドミントン部 筑波大学バドミントン部
春リーグ 新人賞、MVP受賞者からのコメント2017年5月31日
関東学生バドミントン春季リーグにおいて、香山未帆(体育1)が1部女子新人賞と最優秀賞、馬場湧生(体育4)が2部男子最優秀賞を受賞しました。以下各選手からのコメントです。

体育専門学群1年 香山未帆
今大会は私自身が大学生として初めて臨んだ大会です。初日は大会の雰囲気にのまれてしまい、試合ごとに種類が変わるシャトルをうまくコントロールすることができませんでした。こういった、試合ならではの課題に対応しきれなかったことは、今後の課題になりました。また、完全勝利を収められなかったことや、チャンピオンチームとしての立ち振る舞いなどの部分でまだまだ未熟さを感じました。しかし、チームメイトの支えもあり、最終的に優勝という結果に繋げることができたことは私にとって自信になりました。
この経験を次の大会に生かし、実業団選手と戦える力を身につけていきたいと思っています。
S__9363463.jpg

体育専門学群4年 馬場湧生
春季リーグ戦を終え、2部優勝、そして1部昇格することができました。
決して全ての選手が最高のパフォーマンスとは言えませんでしたが、この短期間の中で、選手同士で話し合い、修正できたことが今回の一つの勝因だと思います。
さらに、チーム1人ひとりが役割と責任を自覚することで、勝利に繋がったと感じました。
東日本、インカレに向けて、各選手のレベルアップに取り組み、さらに高い目標をチーム一丸となって、達成したいと考えております。
最後になりますが、OB.OGの皆々様をはじめとする多くの方々のご支援・ご協力あってのことと心より感謝しております。
S__9363462.jpg
筑波大学バドミントン部の公式HP お問い合わせはtsukubad298(at)gmail.com まで